グリーンスムージーはダイエット食品として優秀

野菜の栄養そのまま、カラダに取り込むグリーンスムージー

 

果物の1日の摂取量は200g、果物の1日の摂取量は350g撮る事が望ましいと推奨されていますが、毎日これだけの量を取り続けるのは工夫が必要です。野菜や野菜と果物がブレンドされたジュースで補う方法もありますが、甘味料など様々な添加物が含まれているため、身体に不要な成分も取りいれてしまうため、多用することはおすすめできません。価格面から見ても自分で作るより割高になるので、飲み続けるにはそれなりの出費が必要となります。

 

その点スムーサイズがジーは一度の果物と野菜の栄養分を余すところなく摂取でき、甘みや苦味は果物の量などで調整できるので、砂糖などを加える必要もなく、身体にとって理想的なドリンクです。グリーンの色がちょっと、と戸惑うこともありますが、ブレンドする材料によって色味も変化しますし、香りを嗅いでみると何とも言えずフレッシュでとても元気が出ますので、一度試してみることをおすすめします。

 

自宅にミキサーがない、という場合には購入する必要がありますが、1人分を多く作る場合には、低価格帯でコンパクトなタイプがおすすめです。キッチンにも置き場所を取りませんし、音もそれ程大きくないので、少しの量を思い立った時に気軽に作ることができます。使用する際は、材料を小さめに切ることがコツです。本格的に始めたい、という方には通常の大きさのミキサーがおすすめです。収納場所の確保が必要なのと、コップ部分が大きくて重いので洗い物がやや大変ですが、スムージー以外のスープやシチューなどの料理に使用できるので、持っていると便利なキッチン用品のひとつです。

 

スムージーを作るには、材料の果物や野菜が多く必要です。あまり日持ちしないものから先に使うように、配合を調整するか、またはその材料をメインに使用しているレシピを選ぶようにしてください。無農薬など農薬不使用のものなどを除き、皮は丁寧にむくのが基本ですが、ぶどうなど皮のまま使えるものもあるので、レシピを参照してみてください。皮のまま使えるとその分栄養分が高くなる場合もあります。

 

ミキサーには、水分の多いものや柔らかいものから入れます。小松菜などの葉物は上に入れるようにします。通常の大きさのミキサーであれば氷も砕けるので、暑い季節の朝食など日中に飲む場合はひんやりしゃきっとするので、適量を使用するのがおすすめです。氷の使用に関しては取扱い説明書で確認しておくのがよいです。果物や野菜不足が気になっている人におすすめしたい、グリーンスムージーはとてもおすすめの飲物です。